太ってきた体をシェイプアップ!30代からスポーツを始めてみよう
太ってきた体をシェイプアップ!30代からスポーツを始めてみよう

札幌市内のおすすめフットサル場はどこ?

フットサルとは、簡単に言えば屋内で行われるサッカーです。しかし国際的にルールが整備されたのは1994年のことであり、比較的新しいスポーツです。
基本的にはサッカーに似たものなのですが、細かいルールをみると違うところがたくさんあります。競技人数は5人以下であり、最低3人いれば試合ができます。コートの大きさももちろんサッカーより狭く、スパイクも使用しません。コートが狭いことでサッカーよりも運動量は少なくて済み、普通のトレーニング用シューズで参加できるので、大人になってから始めやすいかもしれません。人数も最低3人いれば試合ができるので、仕事などで人数が集まりにくい社会人にはうってつけですね。

札幌市にはいくつかのフットサル場があります。
白石区にあるのはサッポロ・イーワン・スタジアムです。ここでは1号館と2号館に公式戦も行えるフルサイズのコートがあります。1号館は観客席が280席あり、2号館も2階のラウンジからゲームを観戦できます。1号館の屋上にも屋上コートがあり、開放的な空間で景色もよく夏場は人気があります。さまざまな教室も開かれていて、スーパービギナー向けのフットサル教室や、同世代が集まって行うフットサル教室など多彩です。

札幌市の豊平区にはキャロットというフットサルコートを有した施設があります。インドアコートでは足腰に優しいカーペットが敷かれた中で天候を気にせずにプレーが楽しめます。屋外コートは人工芝で自然を感じながらプレーが楽しめます。ここでは個人を対象としたフットサル教室も開催されていますので、初心者や女性でも気軽に参加できます。

札幌市の南区にはロコ・エスタディオというフットサルができる場所があります。コートはフルコートとハーフコートがあります。コートは3日前までに予約すると使えます。朝の5時から夜の23時まで使えるので、仕事の前や仕事の後でも余裕を持って楽しむことができます。1時間でハーフコートは4000円、フルコートは6000円です。仲間を集めてみんなで楽しむのには最適な場所です。

このように札幌市には南区や、白石区、豊平区を始めとしてフットサルのコートがたくさんあります。フットサルがとてもさかんな地域であることは間違いありません。札幌市にお住いの方は、この恵まれた環境を生かしてぜひフットサルを体験して、そして趣味にしていってください。たとえうまくプレーできなくても、仲間との一体感を味わえる最高のひとときとなります。